京阪電車

2016/06/29
IMGP9991.png

地元に走る京阪は2両ほどでとてもローカル

滅多に乗ることはなく 今回で乗ったの数回目

心地良いです ゆったり心懐かしな気分になれます

今回は王子を電車に乗せたくて w

comment (11) @ 出先で

秋桜

2016/06/28
R0009728.jpg
(GR)

昭和の名曲 ていう番組がやっていました

百恵ちゃんの息子 三浦祐太郎くんが「秋桜」を熱唱してるのを聴いて

感動しました

さすが百恵ちゃんと三浦友一の間に出来た子 素晴らしい子でした


昭和の歌にはロマンがある

昭和の人間だから思うだけでしょうか? W


写真は紫陽花 タイトル「秋桜」とは無関係なのですけれど

comment (10) @ 未分類

曇りの日

2016/06/27
IMGP9987.jpg

今日は降らずに持ちました 洗濯物も何とか乾いて

今は窓を打つほどに降っています

湿度が多いと写真って色が悪くなりますね

WBを「曇り」に合わせてもなかなか上手くいかないです

曇りらしい写真を撮れば良いのだろうけど

露出をかなり上げて頑張ってしまいます

comment (8) @ R

紫陽花 Ⅲ

2016/06/25

(GR)

「WATARIDORI」という映画を観ました

渡り鳥のドキュメント

あらゆる危険を乗り越え海を渡ります

彼らの目的は生き抜くこと

自分の甘さが身にしみますね

comment (8) @ 花

紫陽花 Ⅱ

2016/06/24
R0009639.jpg

ふわふわで可愛い

R0009706.jpg

みんな雨傘を日傘代わりに

(GR)

comment (13) @ 花

紫陽花

2016/06/23
R0009672.jpg
(GR ミニチュアライズ)

今日は一日オフなので 雨だろうが晴れだろうが写真日和と決めていました

カメラを積んで 病院→図書館→ そして近くの紫陽花園にGO

密かに雨を少し期待していたけれど 空は青くなってきてお昼には明るい陽射しに

園に着いて重いカメラバッグを肩から下げて 

さて♪ と思いきや カメラのバッテリーが切れているではないですか

やってしまいました(-_-;) 悔やんでも仕方なくて・・自分を許してやるしかなくて・・

仕方ないサブのGRで回ろっと♪  しかしこれも電池2つしか点いていない状態

切れるまで精いっぱいに撮る! もうこれしかないのでありました

R0009729.jpg

重たいカメラは車に残し身軽に紫陽花を堪能できたのもこれはこれでヨシ でした

R王子にそっくりな子にも出会えたし ♪

comment (8) @ 花

発想の素晴らしさ

2016/06/17
R0009494.jpg

昨日は鍵が見当たらず 半日必死になって探していました

R王子くんの仕業

最近「ナイナイ」(お片付け)が上手になって色んな物を色んな所に片づけてくれます(;^_^A

キッチンの引き出しにお砂場遊びのスコップがあったり ファンデーションがゴミ箱にあったり

全く発想がアート過ぎて 凡人私達には検討つかずで驚かされるばかり w

最近の話 Rくんが早朝に起き出し「まんま・まんま」と言いながらリビングで何かを食べていたそうで

Rくんのパパがそーっと見に行ってギョッっとしたそうです

まさか「うん○」!!を食べている?! 

かと思いきや 食べていたのは昨夜のディナーのハンバーグ(の欠片)

それをTV台の隙間から取り出して食べていたそうな・・・

なんと非常食を備えていたんです

アート感覚から原始的発想まで ほんと スゴイゎ

今日の私の鍵は傘置きの壺の中でした

comment (12) @ R

街角

2016/06/15
R0009608.jpg

人生いつも迷っている私です (;^_^A

どちらを載せようか 迷ちゃって・・・w

R0009610.jpg

京都らしい1枚です ぃゃ2枚 w

comment (20) @ GR

写欲

2016/06/14
IMGP9639.jpg

写欲が落ちています

倉敷以来 一眼レフを触っていない (-_-;)

お気に入りの皆さんのブログに訪れてみたら

鮮やかな紫陽花 梅雨らしい写真で溢れています


今ちょうど庭に蝶々が飛んで来た 急いで窓の近くにレンズと一脚をセット

撮れるといいんだけど




comment (16) @ わたくしごと

京都

2016/06/10
R0009606.jpg

高瀬川 いつもながら絵になる光景です

昨日は母と娘たちとで京都にて女子会でした

今週は目まぐるしく色濃い1週間でした

て まだ二日間残ってますけれど


今日の夕方 ベッキーの床を歩く爪の音を聞きました

ん? え? 疑ったけれど確かに彼女の爪の音

聞けたことを家族に自慢できそうな そういう感触でした

comment (14) @ GR